AGAに関わる2つの男性ホルモンの違い

男性のハゲと言っても色々な種類がありますが、多くは前頭部から頭頂部にかけてハゲている人が多くなっています。特に、若者の場合はほとんどがこのタイプのハゲです。実は、このタイプのハゲを「AGA(男性型脱毛症)」と言いますが、AGAの発症には「DHT」と「TH」という2つの男性ホルモンがからんでいます。

 

 

DHTの影響

 

AGAを引き起こしているのはDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンです。DHTは同じ男性ホルモンのTH(テストステロン)が5αリダクターゼTypeIIという還元酵素によって変換されてできたものであり、これが毛乳頭細胞にある受容体に結合することで、髪の成長を阻害するため、髪が十分に成長する前に脱落してしまいます。

 

また、DHTが皮脂腺の受容体と結びつくと過剰な皮脂を分泌させ、毛穴を塞いでしまいます。このようなDHTの働きによってヘアサイクルが乱れ、年齢に関係なくハゲてしまいます。近頃、髪が油っぽいなどの自覚症状がある人は要注意です。AGAを防ぐことはこのDHTの活動を阻止することにあります。

 

THとDHTの働きの違い

 

THは95%が精巣、5%が副腎で作られる男性ホルモンの一種であり、DHTはTHの不足を補う為に5αリダクターゼ酵素によってTHが変換された男性ホルモンです。元々が同じTHであるのに、両者は全く異なる働きをしており、THが毛髪を太くする作用があるのに対し(一般的に男性の髪の方が女性の髪より太いのは、男性の方がTHの分泌量が多いため)、DHTは皮脂腺と毛乳頭に作用して毛髪の成長を妨げる働きをしています。

 

例えば、THは生殖器の増大や性欲の増加、精子形成の増加、骨格・筋肉の成長などを促す働きをし、DHTは薄毛や精力減退、前立腺肥大などの影響を与えます。

 

育毛効果のあるフィナステリド

 

AGAを阻止するにはDHTの活動を抑え込むことが近道になります。その効果を発揮するのがフィナステリドです。フィナステリドにはTHをDHTへ変換する酵素である5αリダクターゼの活動を抑制する作用があります。そのため、フィナステリドを摂取することがAGAの発症を防止することに繋がります。

 

日本ではフィナステリドを使った医薬品としてプロペシアが販売されていますが、プロペシアは医療用医薬品であるため、医師の診断を受けた処方箋が無いと手に入れることはできません。また、ハゲは病気ではないため、健康保険の適用を受けられないため、費用は全額自己負担になります。